top
最終更新日 -> 2005年06月29日

COMiC天魔 2005年1月号 付録 イリーナ・ベルロワちゃん

 COMiC天魔の2005年1月号におまけとして付いてきた上半身、そしてその号の振込用紙で応募をした全員が購入できた下半身という、回りくどいやり方で完成したイリーナさんです。

全身。

 M字開脚はエロいです。

 私のエロ感性はオヤジを通り越して小中学生並なので、こういう露骨なのは大好きなのですよ。

全身その2。 全身その3。 全身その4。 全身その5。 全身その6。 全身その7。 全身その8。

 やっぱり露骨ですね。色々と。

顔アップ。

 なかなか可愛い顔ではないでしょうか。

顔アップその2。 顔アップその3。

 髪はクリアパーツの上に塗装という、ちょっとだけ凝った(?)作り。

バストアップ。

 そしてもろ出しな胸。

バストアップその2。

 形は悪くないんですけど、乳首がイマイチです。ロコツに段差になってますし。

バストアップその3。 バストアップその4。

 大きさは申し分なし。

パンツ。

 んで、このフィギュア一番の売りであろう股間。

パンツその2。

 何かうっすらと透けてますね。

 ちなみにパンツは差し替え可能で、この半分透けたものの他に、真っ白なものと完全にクリアなものが付属しています。

髪。

 髪はスミ入れもされていたりして、一番凝った塗装がされています。

腕。

 両腕とも、何やらモールドがうっすらと見えるんですが。何だろう。

脚。 脚その2。

 ストッキングはちゃんと透けたような塗装に。

スカート外し。

 スカートは外せますが、腰が。

お尻。

 最初から付いていた汚れとヘンな傷というかパーティングラインが('A`)

 パンツは前の部分しかありません。

パンツの下。

 んでまぁ、パンツが差し替え可能ということはこんな感じで外せてしまうわけでして。

 膣がパンツを差し込むダボになっているという、頭がいいのか悪いのかわからない仕様です。

パンツの下その2。

 ひだとクリ何とかも、それなりに造型されています。それなりに。

パンツの下その3。

 毛もそれなり。

その他。 その他その2。

 左側に脳内ご主人様を配置すれば、背徳の世界がほらそこに。

でした。

 というわけで、イリーナさんでした。

 ぶっちゃけると、出来がいいとは言い難いです。

 おまけであるはずの上半身は、それなりにいいんですよ。髪の毛は意外と凝っていますし、ドレスにもパールが吹かれていたりとかします。ひだひだの部分には影が吹かれていたりとか。他はシンプルですが顔も結構可愛いですしね。

 問題は、2800円で購入した下半身。

 まず、上半身のドレスでされていたパール塗装が、下半身にはされていません。上から腰の継ぎ目まではきらきら、その下は素。

 そしてパーツの合いがもう最悪レベルです。左右に分割して外せる仕様のスカートは通常時から隙間空きまくりですし、腰の接続部分もすぐ外れます。

 下半身で褒められるのは性器の存在だけです。といっても、造型は大したことはないんですが。

 でも、パンツと接続するためのダボ穴として膣を使うなんていう、とてもとても頭の悪い(褒め言葉)仕様を考えた人はちょっと偉いと思います。

 まぁアレですね。

 パンツ剥がして「わはははこやつめ」とひとしきり笑ったらしまい込む、と。私にとってはそんな感じの一発ネタフィギュアでした。